心理療法紹介 ~芸術療法編~


心理療法紹介 ~芸術療法編~


 

カウンセリング療法の中でも変化球である、芸術療法の紹介です。

 

芸術療法は、絵画療法や造形療法、音楽療法にダンス療法など様々な技法があります。

(ちなみに当方は、絵画療法と音楽療法は取り扱っています。)

広くそれら一般を総称して、芸術療法としています。

 

芸術療法の最大の利点は、言葉を用いないことです。

 

自分自身を言葉で表現することや、悩みなど潜在的に抱えているものを言葉で表現するということは非常に難しいことです。

そこで、絵を描いてみたり、身体で表現してみたり、音楽で表現してみたりすることで、自分自身を知ることに繋げて、問題を解決に導くというものです。

 

カウンセリングの現場においては、芸術療法のみで行うということはほとんどなく、複合的に他の心理療法と組み合わせて使用されることが多いです。

 

言葉や語彙に自信のない人や発達途中の子ども、シャイな人、潜在意識に興味のある人などは言葉をメインにする療法よりも効果的な面もあるでしょう。

 

何となく胡散臭いと思われる方も多いかもしれませんが、これもれっきとした心理療法なので根拠に基づく方法で行っています。

 

注意点として、カウンセラーの解釈があるため、経験により見方や見立ては異なってくるので、同じような療法を使っても解釈にも幅が出てしまいます。

ただし、十分に学んだ人であれば、各療法の根幹となる部分に大きなズレを生むような解釈の仕方はしないはずなので、その点は安心できるかと思います。

 

さて、少し中身を紹介していきましょう。

 

圧倒的に多く用いられる技法が絵画療法です。

平たく言えば、「絵を描いて下さい、そこからこんなことが分かりますね。」

という至極単純なものですが、その描く絵を制限することで用途が異なってきます。

 

例えば、スクリブル法はペンで用紙に殴り書きをしてその描線に見えたものを色付けしたりして完成させていきます。

この方法は、絵が苦手な人や年齢を問わず出来るため非常に導入しやすいですが、比較的自由度が高いため、感情が表出しにくい面があります。

 

他に家族間で悩みを抱えている人に向けて用いやすいのが、動的家族画法です。

自宅のリビングなどをイメージして、家族が何をしているのかを想像したままに描いて貰います。

そうすると、家族の距離感や個人的に家族に対して思っているイメージなどが表出されてきます。

個人的にこの技法は、かなり精度の高いものだと感じています。

 

他にも様々な技法がありますが、相談者の悩みや性格を十分考慮した上で、どの技法を用いることが適当なのかを考え導入していきます。

余談ですが、その他当方では、浅利式絵画診断やバウムテスト、好きな音楽・曲の分析などをメインに使います。曲と歌詞をしっかりと聴きこむので、私自身いろいろなアーティストの曲を知るいい機会になっているように思います。

話を戻して、芸術療法は、息抜きやカタルシス(気持ちを吐き出すことでの安心感)を得るために用いられることも多いですが、カウンセリングの終結までの間で複数回実施することで、同じテーマを与えても絵などの表現は変わってきます。

 

それは、今・現在のあなたの気持ちを絵や音楽で表現しているため、変化が生じるのです。

 

簡単に例えるならば、たくさんの色鉛筆を目の前にした時に、気分が落ち込んでいる時には、寒色系のものを手に取りやすかったり、逆に嬉しいことなどがあれば、黄色やオレンジなど明るい色を手に取りやすくなります。

特に指定をしなくても、そのような傾向が出るということは、潜在的に悩みを抱えていたり、他人に隠している感情が思わず出てしまっているということでしょう。

 

今回は、本当に簡単に芸術療法の触りの部分を紹介しましたが、かなり奥が深いです。

まだまだ、伝えきれていない部分が多くありますが、ご興味があればセッションで導入しますので、お気軽にお申し付け下さい。

関連記事一覧

  1. 静岡市で新しい悩み解決の方法が生まれました その名は「ナルシスト療法」!?
PAGE TOP
LINE@友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。