心理療法紹介 ~EMDR・バタフライハグ編~


心理療法紹介 ~EMDR・バタフライハグ編~


 

今回ご紹介するのは、心理療法というより技法になるのですが、比較的新しい技法で広く用いられているのでご紹介させて頂きます。

 

EMDRとは眼球運動によって過去の苦い体験やトラウマの認知を変えようという主旨のものです。

なので、PTSD(心的外傷後ストレス障害)や解離性障害、パニック障害、恐怖症などトラウマなどを抱えている人に一定の効果が認められます。

臨床研究もされたエビデンスのある技法(EBM)なので、信憑性も高いと言えるでしょう。

 

どのようなことをするかと言うととても単純です。

 

過去の解消したい記憶やトラウマを思い出しながら、指導者の指先を目で追うだけです。

 

え、こんな簡単なことで?

と思われるかもしれませんので、一応根拠も示しておきます。

 

人は夢を見るときに眼球運動を激しくするそうです。

 

夢を見るというのは、記憶の定着化をはじめとした情報処理を行っているので、夢でいい記憶として浮かび上がったものは、いい記憶として定着し、反対に悪い記憶が夢として浮かび上がった場合には悪い記憶として定着します。

また、自身で不要だと思う情報については、そこで忘れるということも出来ます。

 

もしかすると、テスト勉強で思うように記憶に入ってこないのは、自分の中で不要な情報と認識しているからなのしれませんね。

 

さて、そうすると眼球運動と夢とトラウマが少しリンクしたかと思います。

このEMDRは、起きている状態の時に、夢でしている作業をすることで過去の体験の認知を変えてみようというものになります。

 

少し気になってきましたでしょうか?

ただ留意点として、過去のトラウマと向き合わなければならないので、1人で行うのは非常に危険です。

 

特にパニック障害を持っている方は、絶対に1人でやろうとせずに、専門の方の下でやるようにして下さい。

 

また、悩みの内容にもよりますが、トラウマを抱える人の多くは、治療を受けなくとも、自然治癒する方が8割以上います。

なので、無理に早く克服しようとせずに、ゆっくりとご自身のペースで心身ともに癒すことがいいことも多分にあります。

 

以上がEMDRの簡単な説明でしたが、そこから派生した技法もあります。

 

それは、バタフライハグです。

簡単に動きだけを文章で説明すると、

解消したいネガティブな状況を考えながら(考えなくても出来ます)、手を交差させ左右の肩を交互にリズミカルにたたきます。

 

そして、深呼吸をして自分の感情の変化を確かめるというものです。

 

これは、地震(メキシコでの災害時)が起きた時にセルフケアが出来る方法として考えられたもので、子どもにも一定の効果があるようです。

手を胸の前で交差させる仕草は、腕組みと同じで自分を守る時に用いる動作なので、そういった面からも潜在的に安心感を得られるのかもしれませんね。

 

また、リズミカルにたたくというのも1つポイントになっており、まるでお母さんが子どもを寝かし付けるときの「トントン」とよく似た気持ちを感じるかもしれません。

 

ご興味のある方は、動画サイトにやり方はありますので、調べてみて下さい。

ただ、くれぐれも1人でやる時は、パニックになったり、ひどく落ち込んでしまうような深刻な悩みについては考えず、もう少し軽いもので試してみると良いかもしれません。

 

EMDRもバタフライハグも一定の効果はあるかもしれませんが、あくまで技法の1つに過ぎないので、それだけに頼らずに複合的にご自身に合う療法と組み合わせていくのが肝要です。

関連記事一覧

PAGE TOP
LINE@友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。