愛って、いったい何なの!?愛を具体化して見えるもの


愛って、いったい何なの!?愛を具体化して見えるもの


 

人類の永遠のテーマであろう「愛」。

愛は、形が無いものゆえに、捉え方も千差万別です。

今回は、家族愛ということが中心になりますが、愛の形の1つを紹介していこうと思います。

 

「アイ」と読む漢字はいくつかありますが、相や合も「アイ」と読めます。

この2つの漢字がどうも、愛と深く関係があるようなのです。

 

相は、相手の相で、話し相手や・相談相手・遊び相手にケンカ相手などが連想されます。

一方、合は、話し合い・触れ合い・慰め合い・励まし合いに助け合いなどがあるでしょう。

 

家庭内でこのような2つの「あい」がある場所には、どこが連想されるでしょうか!?

そう、食事をはじめとした「団らん」の場です。

 

一家団らん・家族団らんというのは、それそのものが愛を具現化したものなのかもしれません。

団らんの場は、自分をさらけ出す場でもあり、外の世界(学校や会社など)で起きたことから自分の感じたことや考えたことを話が出来る場でもあります。

それは、時にケンカになることもあるかもしれませんが、認め合ったり・慰め合ったりすることも当然出てくるでしょう。

 

そういう過程を経て、愛は醸成されていくものなのかもしれません。

結婚の最大級のメリットは、この点にあるとも言えるかもしれません。

 

家族団らんの場を持つことは、プライスレスで結婚しなければ感じられません。

ただ、今のこの世の中、仕事に忙しく追われるお父さん・お母さん方も少なくはないでしょう。

いや、むしろそういった方たちの方が多いのが実情です。

 

ただ、そういう方たちにこそ伝えたい。

夫・妻の役目は、家族を食べさせるために働くことではなく、家族との団らんを確保するために働くものだと。家族を笑顔にするため、幸せにするために働くと言い替えてもいいでしょう。

 

食べさせるため(養う)だけであれば、それはもはやATMと何ら変わりありません。人間である(あなたである)意味が失われてしまいます。

しかし、後者の団らんのために働くは愛のため・家族の誰かのために働くのですから、他の誰かに出来ずあなたにしか出来ません。

 

お金を稼ぐことは、本当に大変なことです。

身を削る思いで、働きに出ている人も大勢います。

ただ、何のために働くのかを今一度考え直すことで、自分にとっての丁度良い働き方が見つかるかもしれません。

仕事に生きるだけが全てではありません。

お金よりも大事なものは腐るほどあります。

 

愛を感じる生き方、始めてみませんか!?

関連記事一覧

PAGE TOP
LINE@友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。