親のかかわり ~子どもの可能性を伸ばす子育て法~


親のかかわり  ~子どもの可能性を伸ばす子育て法~


 

親ないし、家族・家庭というのは、子どもが初めて出会う自分の帰る場所になります。

これを読んでいる皆さんの中には、家が大嫌いな方もいるかもしれません。

きっとそれは、過去に嫌な経験があり、家の本来のあり方を知らないまま育ったからかもしれません。

 

例えば、夫婦喧嘩の絶えない家庭で育つと、大人になり自分が結婚して親のようになりたくないと思っていながらも、子どもの前で喧嘩をしている親になる確率が非常に高いです。

 

それは、家族のあり方を他に知らないから当然と言えば当然なのです。家族や家庭のモデルケースは自分の家庭でしか学べません。

 

核家族化が進み、地域の交流もかなり希薄になっている現在において、自分の家庭がおかしいのかどうかという基準は分かりにくくなっているものと思います。子どは辛いと思っていながらも生きていくためには親の支えが必要なので、親が思っている以上に子は親に気遣いをすることも多々あるでしょう。

 

また、その地域のコミュニティ自体が子育てにそぐわないケースもあることでしょう。

公務員の方が偉いとか、大企業の勤め人が偉いとか、そういった肩書というのは、子どもにとって何の意味も成しません。

 

確かに高給取りの方が、教育にお金をかけられる分、様々な教材や経験を積ませてあげることができます。

しかし、方法をたくさん与えたところで、どれが子どもにとって一番成長に繋がるかを検討しなければ、お金を無駄にしているも同然です。

 

親が良かれと思ってすることも、子どもにとっては負担であり、かえってプレッシャーに感じることとなってしまっては、きっと親から距離を置きたいと思うようになると思います。

 

反対の立場で考えてみましょう。

 

例えば、上司から海外に行って学びを深めろと通達があったとします。

 

抵抗感なく素直に「はい、分かりました」と行く人もいれば、

「好きな人と離れるのは辛い」、「断ると出世コースから外れるだろう、嫌だけど業務命令みたいなものだし・・・」

と仕方なく、泣く泣く従う人も少なくないでしょう。

 

この例は男性を想定しましたが、女性においても、

例えば、ママ友のランチ会が負担と感じている時に、ボスママから高級ランチのお誘いがあったとします。

ボスママいわく、「近所付き合いは大事にしないと」と善意から誘っていたとしても

 

あなたにとっては、家計を圧迫する一因となったり、貯金が思うようにできなかったり、旦那さんはワンコイン以下の昼食なのに贅沢するなんてと思っていたり、負担や負い目を感じるかもしれません。

 

往々にして、立場の強い人間からの要求というのは、断りにくいものです。

 

そこで、話を戻すと、

親の要求を子どもが果たして素直に受け取っているでしょうか?

無理強いになってはいませんかということが伝えたいのです。

 

こうした抑圧をかけ続けると、子どもは間違いなくおかしくなります。

非行に走ったり、引きこもりになったり、家の物を壊したり、学校をサボるようになったり・・・

 

そうした行動は「ぼく、わたしをもっと見て、もっと理解して!」

という、最終的なSOSのサインなのです。

 

こうなってから、対策を講じても改善には時間を要しますし、カウンセラーはじめ、専門機関に相談しなければ、解決は難しいものとなります。

 

専門家であっても100%の解決は不可能かもしれません。

覆水盆に返らずで、一度子どもの心を破壊してしまうと、治癒するのはとても大変なことです。

 

そうならないためにも、親としての在り方を今一度見直し、子どもにとっての本当のベストを考えてみましょう。

1人でもがく必要はありません。

助け舟はいくらでも私は出します。

 

もしかすると、あなた自身の中に答えが発見できていないだけかも知れません。

私もあなたに成り代わって一生懸命考えます。

 

子どもの可能性は無限大です。

ただ、その方向性は誰にも決められるものではありません。

 

最後に「親」という字は、

木の上に立って見ると書きます。

子どもをしっかりと見守り子どもの成長を見届けるくらいのスタンスが丁度いいのかもしれません。

関連記事一覧

PAGE TOP
LINE@友だち追加