勉強って何?あなたの世界を綺麗な絵にしませんか?


勉強って何?あなたの世界を綺麗な絵にしませんか?


 

勉強というとどんなイメージをお持ちですか?

「やらなきゃいけない退屈なもの」

「自分を高める意識の高い人がすること」

「勉強なんて大嫌い」

様々あると思います。

 

今回は私の考える勉強の意義をみなさんと共有したいです。

私も勉強は親に無理にやらされていたところがあるので、どうしてもマイナスイメージを拭えないところがあり、心理学の小難しい本を読んでいると意識が飛ぶことはしょっちゅうあります。

学生時代も、こんなの世の中の役に立たないし、足し算・引き算・掛け算できれば、あとは他に何かいる?というような感じで、

高校生の頃の模試で、学年ビリ2というある意味偉業を成し遂げた経験もあります。

一年浪人はしましたが、そこから国立大学に入れるくらいにはなれたので、受験生の人は諦めないで下さいね。

 

さてさて本題に入ります。まずは、勉強の辞書的な意味を確認しましょう。

①学問や技芸などを学ぶこと

➁物事に生を出す事。努力すること。

③経験を積むこと。

④商人が商品を値引きして安く売ること。(デジタル大辞泉参照)

以上のような意味合いがあります。

 

学生時代の勉強は、教育カリキュラムに則って、半ば強制的にやらされていた人が多いことでしょう。

そこに意味を考えることもせず、ただただ、いい学校に入るためにがむしゃらにやっていた人も多いのではないでしょうか?

または、こんなこと学んでも生きていく上で必要ないものと判断し、あまり真剣に取り組んでこなかった人もいるでしょう。

 

受容的にやる勉強と自発的にやる勉強とでは、そこに向かう姿勢は異なります。

そこで、少し勉強のモチベーションを上げるお話をしたいと思います。

 

まず、物事の捉え方は1つだけでは無いことを理解してください。

例えば、日本史の「なくよ(794)ウグイス平安京」は聞いたことがあるでしょうか?

テストで押さえておきたい点は、794年に平安京に都が遷都したという事実です。

または、その時代近辺の背景を知ることでしょうか?

 

しかし、テストの枠を無視すれば、まだまだいくつもの情報を押さえることができます。

平安京って今のどこにあるの?とか

平安京って名前の由来は何?

誰がこんな語呂合わせを考えたの?

なぜ急にウグイスが出てきた??

などなど、いろいろな見方をすることが出来ます。

 

ここで少し考えてもらいたいのは、テストで点を取るための勉強をした人と、いろいろなものの見方で勉強した人とで「平安京」と聞いたときにどういうことをイメージするでしょうか。

 

前者は、「ああ、テストでよく出る一般常識だよね。」と感じたり、

「平城京遷都も語呂合わせで覚えたな」と昔を思い出したり・・・

 

後者は、「おお、そのうんちく知ってるぞ、誰かに話したい!」とわくわくしたり、

「都が移り変わるなんて、今の日本では大変なことだなと」今と照らし合わせながら物事を考えたりするかもしれません。

 

何が言いたいかというとあくまで私のイメージの話ですが、

「平安京」という色の無い下絵に勉強は色を施すものだと感じるのです。

 

テストの勉強だけで学んだ人は、その見方の数だけしか色を塗ることが出来ません。

でも、いろいろなものの見方をした人は、たくさんの色を使って、より現実味のある素敵な平安京を頭に思い浮かべるでしょう。

 

少し言いたいことが伝わってきましたでしょうか?

 

そう、勉強というのは、物事に色付けをしていくものなのです。

こういう話をすると、「じゃあ、歴史なんて別に色塗りしなくていいや。」

「英語なんて日本に住むのに学びを深めて意味があるの?」

と感じられる人もいるでしょう。

 

それは、そう思うのであれば別に私は別に無理に勉強しろと言いません。

ただ、物事に対する曖昧な理解というのは、

「正確ではない色を塗っている」ということは、理解してください。

 

あなたの中で、曖昧にしていたり、勉強が不十分なものは、

「非常にセンスの悪い、ださい色付けをした絵」なのです。

あなたが勉強をしなければしないほど、世界はどんどん偏った、他人から見れば理解しがたい世界になるのです。

 

ここで、注意してほしいのは無知とはまた違うことです。

無知というのは下絵すら出来ていない状態なので、これからいかようにも色塗りできます。

新しいことにチャレンジした時に、ドキドキ・ワクワクするのは、色んな色をそこにどんどん塗っていけるからでしょう。

 

読み返して、かなり抽象的な表現になってしまいましたが、私の考える勉強の意味合い少しご理解頂けましたでしょうか?

私は、私の世界を綺麗な色の絵にしたいので、日々勉強に励みます。

関連記事一覧

PAGE TOP
LINE@友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。