男女間の恋愛をスムーズにする方法


男女間の恋愛をスムーズにする方法


 

本文では、男性・女性とひとまとめにする表現を用いますが、全ての人に当てはまるという訳ではなく、一般的にこういった傾向が見られるという認識の1つとしてご理解ください。

よく男性は、頭に訴える話し方をし、女性は心に訴える話し方をすると言われますが、果たしてどういうものなのか考えてみましょう。

 

まず、男性は何か物事が生じた時に、そこへの理解を優先します。

どういった状況でその出来事が起きてしまったのか、他に良策は無かったのか、これからどうしていけばよいのか、など表面的な事柄に焦点を当てて物事を判断します。

当然感情部分も判断材料の1つにはなりますが、そこに深く立ち入るようなことはあまりしません。

 

例えば、彼女が大事なアクセサリーを無くしたとしましょう。

男性は、女性の大事にしているものだと認識しているので、どこで無くしたのか思い出させたり、またはそれに変わるものをプレゼントすることで問題解決に努めます。

あらゆる可能性を探るため、

「どこで無くしたのか?」

「いつから見当たらないのか?」

「そんなに大事にしているものをどうして無くすようなことをしてしまったのか?」

女性にとっては、まるで尋問を受けているかのような、質問をする人も少なくないでしょう。

 

でも、それは女性のためを思って必死に考え、どうにかしようと足掻いているのです。

女性はその気持ちを無下にして、

「どうして、心配してくれないの?」

「なんでこんな悲しい思いをしているのに、分かってくれないの!」

と嘆いても、おそらく男性は、その気持ちを察することは難しいかもしれません。

 

「あなたが必死になって考えてくれるのは、嬉しいけど、今は大事なものを失ったショックで何も考えられないの」

というように、相手の行動に感謝を示しつつも自分の心の状況を説明してあげましょう。

そうすることで、男性は女性の気持ちが分かり、優しく相手のペースに合わせて、その出来事を解決しようと行動するでしょう。

 

次は女性の視点です。

女性は、何か出来事が起きた時に、その時の気持ちを優先に考えます。

 

例えば、デート中に大事な服を汚してしまったとしましょう。

その時女性は、大事な服が汚れたことや、汚れたことで周りから変な目で見られるとか、すぐに新しい服を用意しないと、など状況を把握することよりも、

楽しみにしていたデートでこの日のために用意した服を汚してしまったことへの深い悲しみや、相手に気を使わせてしまった自分への罪悪感、汚したのが自分であれば自分への怒りなど、感情の部分が優先的に表に出ます。

 

そんな時に男性は簡単に、

「新しいのを買えばいいじゃん!」

「まあそんなことよくあるから気にするなよ。」

または、女性の犯したミスを笑うなどすれば、ほとんど確実に女性は男性に幻滅するでしょう。

 

そうしたときは、慌ててどうにかしようとせず、

「大丈夫?すごく気に入ってたみたいだから残念だね。」

「悲しい気持ちは分かるよ、今度新しい服を買ってあげるよ。」

など女性の感情に寄り添う言葉を入れると、女性からはなんて優しい人なんだと見なおされますよ。

 

付け加えると、その際にしっかりと感情を込めて接することも必要です。

そうしないと、「分かってないくせに」と反撃を食らうかもしれません。

 

日本の男性の多くは、感情を込めて人と接することが女性と比べて、苦手な人が多いのです。

ここら辺の感情表現を上手く出来る男性は非常にモテます。

ホストクラブの男性などは、そうした女性の気持ちに寄り添うことが上手な方が多いと思います。

 

さて、男性・女性で物事の考え方の特性の1つをご紹介しましたが、

「あるある!」

とわかってくれた方も多いのでは無いでしょうか?

 

男性と女性で別の生き物だと線引きせず、お互いそういった個性を認めてあげることで、より恋愛やパートナーとの関係が良いものになると思います。

ライフコンサルタントとして、恋愛相談も受け付けていますので、モテたい・パートナーと関係修復したい・理想の結婚相手のタイプを知りたい・・・

などなどありましたら、お気軽にご連絡下さい。

関連記事一覧

  1. 親友や友達の作り方
PAGE TOP
LINE@友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。