薬に頼らない睡眠法 その1


薬に頼らない睡眠法 その1


 

一日の内で、多くの人がたくさんの時間を割いてしていることが睡眠です。

その睡眠が満足に取れないとストレスになりますよね?

今回は、少しでも快眠できるような方法をいくつか紹介したいので、試してみて合うようであれば続けて下さい。

 

一つ目は、日中に疲れることをすること。

どうしても体力が有り余った状態では、寝つきは良くないと思います。

運動に限らず、勉強することも当然脳は疲れを感じますので、寝つきを良くすることでしょう。寝る前に難しいビジネス書なんかを開くと眠気を誘うかもしれませんね。

 

また、身体を動かすことで疲れを感じたいのであれば、日の当たる所で軽作業やウォーキングすると良いです。

それも出来れば午前中にすると、体内時計が良く働くようになるので、夜必然的に眠気が訪れるかと思います。

 

二つ目は、寝る前に体を温めること。

人が眠くなる時は、身体が冷えていく時に眠気を感じるように出来ているので、しっかりと入浴して体を温めたり、暖かい飲み物を寝る前に飲んで内臓から一度温めることも効果的です。

 

コーヒーはどうかとよく聞かれますが、飲んですぐに布団に入るのであれば大丈夫です。カフェインが効き始めるのには、時間差があるのですぐに寝付くことが出来れば問題なく、むしろ朝の目覚めが良くなると感じる人もいるそうです。ただし、カフェインの作用を気にして「早く寝ないと」と思ってしまう方は、プレッシャーになってしまうので、避けた方が賢明です。

 

三つめは、明日以降に引きずるようなことをしないこと。

どういうことかというと、寝る前に先のことを考えてしまうと、どんどん考えることが増えてしまい、寝られなくなってしまうので、今の時間で完結できることをするようにして下さい。

 

これは、人それぞれやることが異なるので、一概には言うことは出来ませんが、例えば、

「このドラマを見終わったら寝よう」

「皿洗いを済ませて、明日のご飯の炊飯器をセットしたら、布団に入ろう」

「入浴後のストレッチをしてから寝よう」

 

このようなある種、自分の中で決まり事を作り、ルーティン化させることで反射的に眠りにつくような習慣を身に付けていきます。

最初は、難しいかもしれませんが、慣れてくると当たり前のようになると思うので、ぜひ自分に合うものを試して貰いたいです。

 

習慣というのは、かなり強力なもので、

「いつもと同じようにしないと落ち着かなくなる」ようになります。

 

お酒やたばこのような、身体に害のあるマイナスなものが習慣になってしまうことは、良くないことだと思いますが、自分にとって良い習慣だと思えることは、どんどん実生活に取り入れていくことは、何も悪いことではありません。

私の周りには、ランニングが好きな人がいますが、毎日少しでも走らないとそわそわして、落ち着かなくなるそうです。

なので、雨の日など走れない時は苦痛に感じるそうです。

 

余談でしたが、寝る前の自分のルーティンを作り習慣化させることは、非常に寝つきを良くする方法の1つになりますので、自分なりに考えてみてはいかがでしょうか?

 

そして、四つ目が、身体にも心にも負担になるようなことを寝る直前にしないことです。

寝る直前というのは、とにかく安静にしておくことが望まれます。

寝る前にご飯を食べてしまったり、冷たい飲み物を一気に飲んでしまったり、部屋の模様替えのような規模で掃除をしてしまったり・・・

 

これらは、言わずもがな身体を覚醒させてしまうでしょう。

または、反省日記や今日起きた出来事を振り返ることも寝る直前は避けた方が良いと思います。

良いことでも悪いことでも、脳内で一喜一憂してしまうことにも繋がりかねないので、そうなれば睡眠しようにも脳が寝かせてくれないでしょう。

 

とにかく感情が揺れ動くようなことは、避けると良いです。

クラシックにあまり精通していない人であれば、そういう音楽を耳元で聞こえるか聞こえないかの音量で流しておくとリラックスして眠れると思います。

詳しい方だと、作曲者や使われている楽器や、コード進行、作られた曲の時代背景など、いろいろ考えてしまうかもしれませんので、さらーっと聞き流せるくらいの人の方が眠りに用いる曲としては、良いかもしれません。

 

とりあえず、今回は大きく分けて4つの睡眠方法をご紹介しましたが、あくまで一例に過ぎませんので、これが全てということではありません。

 

もし、どうしても寝られないということであれば、睡眠導入剤が必要になるかもしれません。

ただ、出来ることであれば薬に頼らずに眠りにつけた方が良いと思うので、参考になる人が1人でもいれば幸いです。

関連記事一覧

PAGE TOP
LINE@友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。