薬に頼らない睡眠法 その2


薬に頼らない睡眠法 その2


 

今回は、「薬に頼らない睡眠法 その1」で触れなかったテクニックなどを中心に紹介していこうと思います。

 

1.湯船で首筋を温める

 

これから暑い時期になってくるとシャワーで済ませてしまう人も多くなってくるかと思いますが、熟睡したいのであれば、入浴がおすすめです。

さらに言えば、自律神経をしっかりと温めたいので、首の後ろ側を温めるように入浴してください。

後は、個人差があるので一概には言えませんが、熱めのお湯で入浴するとさらに眠りにつきやすいかと思います。熱いお風呂に浸かるというのは、意外と身体が疲れます。後は、自然と身体が適温になるまで下がっていく過程で眠気が訪れますので、そのタイミングを逃さずに布団に入ってください。

 

2.カウントダウン睡眠法

 

これは、100~1までの数字をカウントダウンの要領で数えていくものです。1カウントにつき3秒くらい時間をかけてゆっくりと数えます。忘れたら100に戻ってください。よくある「羊が一匹~」のさらに味気ない睡眠法です。寝る前に明日のことや将来のこと、過去の嫌なことなどをあれこれ考えてしまって眠りにつけないことがあると思います。数字をカウントするというのは、日常から離れられ、また余計なことも考えず、くだらなくもなるので、きっと眠気を誘発してくれるでしょう。

 

3.シャッフル睡眠法

 

カウントダウンでは、あんまりにもつまらなさ過ぎるという方にはこちらがおすすめです。これは適当な単語を1つ思い浮かべて、その文字から始まる言葉を考えていくものです。例えば、「ひかり」としたら、「ひ」から始まる言葉をありったけ考えます。出なくなったら次は「か」、「り」と続きます。注意点としては、関連性の無い言葉で行うことです。というのも、例えば、「昼、ひもじい、貧相、貧弱、貧困・・・」と続けば、「あー、なんで自分は・・・」と余計なことを考えてしまうでしょう。ちょっとしたゲーム感覚で、楽しみながら行ってくださいね。

 

4.意識を身体に集中!

 

これは、布団の接地面や、呼吸のリズム、脈のリズム、重力や、布団・ベッドの反発力など、意識をとにかく身体に集中させ眠りにつかせる方法です。「明日早いから寝なくちゃ」なんて考えると余計に眠れなくなるので、今その時の身体の動きや感覚に意識を集中させてください。

 

以上、4つ紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

色んな睡眠法がありますが、1日くらい眠れなくても死ぬことはありません。

「寝れなかったら、その時はその時でいいじゃないか」くらいの気持ちで試してみて下さい。

関連記事一覧

PAGE TOP
LINE@友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。