最強のメンタルトレーニング=筋トレ!?


最強のメンタルトレーニング=筋トレ!?


 

今回は、筋トレが与える心への影響について話したいと思います。

自分に自信がない人は必見の内容となっていますので、少しお付き合いください。

 

まずあなたが、自身が無い理由は何でしょうか?

「勉強ができない」

「人づきあいが苦手」

「外見に自信がない」

「お金がない」

様々な理由があると思います。

 

私も、失敗をして人から叱責を受けるたびに落ち込み自信を失う経験は嫌だというくらいしてきました。

失敗した時に、ネガティブ思考の人は、自分の嫌なところが次々と浮かんできて、自信をどんどん喪失していってしまいます。

 

では、どこか人より誇れるところがあればどうでしょうか?

それも見た目ではっきりと分かるところで・・・

 

そう、そこで筋トレをするのです。

筋トレは、自信を持てる要素をはじめ、メリットがいくつも含まれています。

①見た目が良くなる

➁力が強くなる

③運動を日常に取り入れることで、眠りが良くなる

④健康になる

⑤鏡を見るたびに良くなっていく自分が好きになる

などなど、数えるときりがないほどのいいことずくめです。

改めてこう考えてみると、すごいと思いませんか?

 

男性の方なら、少し想像が出来るかもしれませんが、

何か嫌なことをされたり、言われたりしたときに、

筋トレの結果、力がついてきたのであれば、

「いざとなったらお前なんて倒してやる」

「左にボディを打って、あごにアッパー、倒れなければみぞおちに正拳、、、勝てる!!」

などという謎の妄想に酔いしれることが出来ます。

 

女性の方が見ると馬鹿だなあと思われるかもしれませんが、これって女性にも大事な考え方の1つになるのですよ!?

比較的に女性は男性よりも力が弱いことが多いですが、わりと人間の急所に渾身の力で攻撃を加えると相手は怯むものです。

ですから、諦めずに鍛えておくということは非常に大切なことです。

 

自分の身は自分で守るために、相手から一瞬の隙を作ることも大事ですし、

普段力で押さえつけられている状況にある人であれば、自分の体格が変わり少し抵抗した時に力を感じれば、抑止力としても十分に機能します。

 

ただ、1つだけ大事な注意点があります。

筋トレによって得た力を、相手を傷つけるために使ってはいけません!

「自分を守るため、自分に自信をつけるため」など自分に使う分には構いませんが、

人を傷つけるために使ってしまっては、相手と同じ穴のムジナになってしまいます。

(ちなみにこの記事のイラストはムジナです)

 

あくまで、ライフコンサルタント(心理カウンセラー)の立場としては、メンタルトレーニングとして良い面を紹介していますので、悪用は厳禁です。

千里の道も一歩よりです。

コツコツと自分のペースで心も身体も磨いていきましょう。

関連記事一覧

PAGE TOP
LINE@友だち追加