人付き合いを大事にするなら、分かるはダメで、認め受け入れることが大切


人付き合いを大事にするなら、分かるはダメで、認め受け入れることが大切


 

しばしばこんなことを言う人がいます。

「もう分かったから、お前の好きなようにやりな!」

「分かったよ、こういうことでしょ?」

大概このようなことを言う人は本当のことを分かっていないことが多いです。

 

人の言動には、表に出てくる部分だけではなく、その裏に様々な思いがあります。

本当の意味で分かるというのは、その背景までも理解して初めて分かるということなのではないでしょうか?

 

では、すぐに言ってしまう「分かった」は、何が分かったのでしょうか?

それは、簡潔に言えば、自分の予想や認識の違いが分かったということです。

もしくは、知らないもの・ことへの表面的な理解ということです。

 

ややこしいことに「分かる」という言葉の意味には、相手の気持ちを理解するというニュアンスで用いることもあります。

そうなってくると、「分かった」という言葉だけを聞いても相手がどこまで理解しているかが不明です。

すると、両者の間で認識にズレが生まれる恐れがあります。

 

ズレが生まれれば、

「相手は自分のことを理解していない」

「分かった気になって、全然分かってくれない」

このように、人間関係を悪化させてしまうことにも繋がりかねません。

 

では、どうすればズレを生まないコミュニケーションが取れるでしょうか?

頭がすごくいい人や、普段から訓練している人は除いて、自分が話をしてすぐに分かったという人は、まず信じないことです。

え、そんな言いきってしまっていいの?と思うかもしれません。

 

しかし、想像してみて下さい。

仮に、あなたが興味のある話を聞いたときに、「分かった」と答えますか?

おそらく好奇心から、口にしていない出来事や背景が気になり、自然と質問したり、驚いたり、感動したりしませんでしょうか?

 

これが、本当の意味で分かろうとしているということなのです。

簡単に、出来事や話が分かるなんてことは、そう多くは無いのです。

 

そうなると、本当に自分は相手の話を分かっているのかと不安になるかもしれません。

そこで、これからは、「分かる」を止めて、「認めて受け入れる」というのを念頭に置くようにして下さい。

認めて受け入れるというのは、何も反論するな、反発するなと言っている訳ではありません。

話しの概要を分かろうとすると、両者にズレを生じさせかねないので、一旦は相手の話や相手そのものを受け入れます。

この訓練をすると徐々に話を聞くことが上手くなってくると思うので、ぜひ試して欲しいです。

 

今回は、頻繁に使われるであろう「分かる」ということに注目して話を進めてみましたが、少し今までと認識が変わりましたでしょうか?

世の中には、コミュニケーションにズレを生じさせる言葉が数多くあります。

極端な話、全ての言葉は認識のズレをもたらすものと考えても良いかと思います。

言葉は所詮コミュニケーションの道具に過ぎません。

真の「分かる」は頭で「分かる」ではなく、心で「分かる」ということではないでしょうか?

関連記事一覧

PAGE TOP
LINE@友だち追加