親友の作り方 ~本音で話せば本音で応える~


親友の作り方 ~本音で話せば本音で応える~


 

みなさんは、親友と呼ぶべき人間は何人いるでしょうか?

「友達」であれば思いつくけど、親友となると基準やハードルが高いような気がして、自信を持って「何人いる!」と断言するのは難しいことではないでしょうか?

親友は、辞書的な意味では、心が通じ合ってお互いを許し合える仲とされています。

さらにハードルを上げてしまったでしょうか?

 

しかし、親友を作るということは、それほど難しいことではないと私は思います。

言葉の表現で、「腹を割って話し合える」という表現がありますよね?

その間柄は、すでに親友と言っていい存在になっていると私は思います。

 

では、腹を割って話し合うというものが、どのようなものか少し一緒に考えていきましょう。

人は、会話をする時に、全ての気持ちや感情を相手に伝えることはありませんよね?

年齢を重ね、社会に出ればよりいっそう自分の本心を隠し表面的な事実を述べたり、結果が重要視されたりするので、そこに行きつくまでのその人なりの努力の過程や結果を出すための意気込みのようなものは、わざわざ表に出さないかと思います。

 

しかし、結果に結びつくまでには、必ずその過程があり、その人やその集団の気持ちというものが反映されます。

同じ過程で、物事に取り組むとして、成果をより挙げられるのは、熱意を持って取り組んだ人達であると言えるでしょう。

 

話が脱線しますが、みなさんは自転車に乗れますでしょうか?

多くの方が、乗れるかと思いますが、最初は何度も失敗したかと思います。

自転車に乗るための練習は、転ぶこともあるので膝に傷を作ったり、周りの人に転んでいるところを見られれば、恥ずかしい思いもすることでしょう。

 

ただ、各々いろいろな動機を持ちながら、「乗りたい!」という気持ちから練習し、

「自転車に乗る」という技能を身に付けたのです。

そうした素晴らしい過去を持ちながら、多くの人は年とともに挑戦するということを避けるようになってくる傾向があります。

非常にもったいないことだと思いませんか?

 

さて、話をもとに戻しますが、

熱意とやり方がうまく合えば、いい方向へ向かうということは経験上分かっているかと思います。

そんな時に、その熱意を大事にしてくれる存在が欲しいですよね?

そのやり方がどうか真剣に考えてくれる人が欲しいですよね?

それを叶えてくれるのが、親友だと思うのです。

 

こうなってくると、親友が欲しくなってきますよね?

大丈夫です、きっと出来ます!

そのためには、あなたがまず気持ちをオープンにし、包み隠さず話をすることです。

受け身でいても、良いことはありません。

ただ表面的な会話をしていてもつまらないですが、そこに気持ちを乗せることで、

「熱い人だなぁ」

「面白い考え方をする人だな、もっとこの人を知りたい」

「なんか生き生きと話をするから、つい聞き入ってしまうな」

というような印象を持たれるかと思います。

 

そうなれば、もうほぼゴール目前です。

後は、会話は自然と続いていくので、相手との折り合いをつけながら関係性を深めていくのみです。

 

ただ、これは非常に良く出来たケースで、そう簡単には物事は上手くいきません。

自分の気持ちを乗せすぎることで相手が引いてしまうこともありますし、注意したいのが、自分の考えや思いを否定された時です。

腹が立つのは分かります。

そういう時は、少し呼吸を整えて、どうしてその思いを否定するのかを注意深く聞いてみましょう。

 

そうすると、相手の背景が見えるかもしれませんし、自分の間違った考えに気付くことが出来るかもしれません。

こういった会話は、両者ともに、上辺だけの会話に比べると非常に有意義な会話になると思います。

なかなか、文章で伝えることは、難しいのですが何となくお分かり頂けましたでしょうか?

 

今回の記事の親友の作り方は、あくまで一例です。

百人いれば百通りの作り方があります。

自分なりの「親友獲得マニュアル」みないなものを考えてはいかがでしょうか?

1人では難しいという方は、ご相談頂ければ一緒に考えますからね。

関連記事一覧

PAGE TOP
LINE@友だち追加