夢は逆算すれば叶う


夢は逆算すれば叶う


 

今回は、自己実現について、夢の達成を叶えるかもしれない思考を1つご紹介したいと思います。

 

子どもたちに将来の夢を聞くとなりたい職業を素直に話してくれます。

しかし、それに対して大人たちは適切に答えられているでしょうか?

「どんな仕事に就くにも勉強しておくに越したことはないから、今は何も考えずに勉強しなさい!」

なんて答えていませんか?

 

ここで言う勉強は、学校での勉強のことを指しますが、それが本当にその子の将来の夢を叶えるために必要なことかどうかは分かりません。

例えば、技術職のようなものならば、学校の勉強よりもそれに関することを学んだり、実際にものを作ってみたりする体験の方が時として勉強になるかと思います。

 

もう少し具体的な例を挙げてみましょう。

例えば、建築家になりたいとします。

建築家になるには、まずどうすればいいのかを考えるのではなく、実際に建築家がしていることを考えます。

そうなると、製図やパソコンのスキルは必要不可欠ですし、クリエイティブな発想や基本的な建築に関する知識も必要です。

 

次に、それに関するものを学ぶために自分が今、何が出来るかを考えます。

小学生にいきなり実際のスキルを学ばせるのは難しいと思うので、まずはパソコンに触れてみようとか、感性を高めるためにいろんな建物を見に行こうとか、もちろん算数は分かっといた方がいいよね、という話になるかと思います。

 

夢の方から逆算して物事を考えると、今自分がやっていることの必要性や重要性を認識することが出来ます。

今現在の地点Aと夢の地点Bまで定規を使わずに線を描くことは難しいですが、その中間地点ないしは、導線に地点CやDを置いていくと線は引きやすくなりますよね!?

何も考えずに、ただ単にやってしまえでは、もしかすると夢へ向かうのではなく、反対方向に進むことになってしまうかもしれません。

 

今回の例は、子どもの将来の夢ということでしたが、この考えは大人でも十分に通用する思考方法です。

何かを成し遂げたいと考えた時には、単純に手前にあるものから始めずに、少し時間を取って夢やゴールなどの奥の方から考えて、本当に手前にあると思われるものを探すと良いかもしれません。

 

少し抽象度の高い記事になってしまいましたが、何となくお分かり頂けましたでしょうか?

千里の道も一歩よりですが、せっかく一歩踏み出せる力があるなら、その方向性が出来るだけ正しい方向に踏み出せるといいですよね!?

関連記事一覧

  1. 静岡市で新しい悩み解決の方法が生まれました その名は「ナルシスト療法」!?
PAGE TOP
LINE@友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。