人や環境のせいにしていいのか!?


人や環境のせいにしていいのか!?


 

今回は、人や環境のせいにしていいのかを考察していきたいと思います。

 

結論から言うと、私は人のせいにしてもいいと思っています。

ただし、そのせいで自分が何も出来なくなる、何もしない・甘えるという人を見ると、あなただったら他にも何か頑張れるでしょという気持ちになりサポートしたくなります。時には、悔しい気持ちさえ起こることもあります。

すべての人は自分の力で自分を幸せにする権利が与えられていると思うので、後はやり方に気付くかどうかだけなんですよね。

 

私のカウンセリングルームにも、理不尽なことが起きて自分が我慢しなければならないような状況に陥っている人が多数見えられますが、自分の出来ることはいくらでもあると思うのです。

 

親のせい、会社のせい、パートナーのせい、環境のせい、病気のせいなど、自分の中で「敵」・「嫌な物」・「ストレス源」だと感じることは、その通りそのせいにしてもいいと思います。

 

だって、それは自分が感じた正直な気持ちなのですから・・・

 

ただ、そのせいで自分自身の人生が不幸になるのは悔しく思います。それは、そのような人や環境に置かれなければ幸せになれたかも知れないからです。

そうであるなら、環境を変えたり、自分自身を変えたりとまだ出来ることはきっとあるはずです。

 

少し抽象的になってきたので、話をまとめます。

 

自分が失敗したことや、悩みは人のせいにしても構いません。責任感など感じなくてもいいと思います。ただ、その出来事に関わったすべての人は、今から自分は何が出来るかを考えて行動に移す必要はあると思います。我慢する、何事も無かったかのように過ごすというのは責任感でも何でもありません。

 

追い込まれて、「あれしかない」・「こうするしかないんだ」と感じている人は、カウンセラーはじめ誰かに相談してみて下さい。きっとあなたの事情に共感し、一緒にどうすればいいか考えてくれる人がいるはずですよ。

誰かに足並みをそろえる必要はありません、自分が自分の出来ることを精一杯やることが、幸せを手に入れる秘訣で、あらゆる能力の成長のスピードは、「個性」ということだと思います。

関連記事一覧

PAGE TOP
LINE@友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。