心理療法紹介 ~ゲシュタルト療法編~

ゲシュタルト療法 イメージ

~~はじめに~~

ゲシュタルト療法は個人的に好きな心理療法です。

「いま、ここで」何を感じているのか、これに向き合うことで思いもよらない気付きを得られることがあります。

私がうつを克服したのも、この療法に出会ったことが大きなきっかけだたと感じています。

ルビンの杯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ゲシュタルト療法で行うこと(地と図の転換)

 

上の画像を見てください。(黒と白で描かれたものが見やすいと思います)

盃(さかずき)に見えるときもあれば、二人の人が向かい合っているようにも見えるかと思います。

では、盃と顔を同時に見ることは出来ますでしょうか?

 

難しいですよね!?

片方を見ようとするともう片方が見えなくなってしまいます。

この現象を心理学にも応用したものがゲシュタルト療法です。

 

例えば、あなたが今「苦しい」という気持ちを持っているとします。

苦しみの渦中にいるときは、その気持ちでいっぱいになると思います。

しかし、「苦しい」という気持ちが100%を占めることはなく、

その中には怒りや絶望、情けなさや期待、希望などがあるのかもしれません。

 

苦しみでいっぱいの時は、その見方しか出来ないのです。

その見方を転換してみましょう、というところがゲシュタルト療法の目指すところの1つです。

 

感情を感じつくすと気持ちが変わる!?

先程の、ルビンの盃でやってみましょう。

盃だけを見るように集中して、じっくり見てください。

おそらく忍耐強い?人でも1分もしないうちに、顔が見えてしまうと思います。

盃を感じつくすことで、顔が見えてしまいました。

 

日常的にもこのような体験をきっと経験しているはずです。

例えば、思いっきり泣いたりするとすっきりしたり、

友達とバカ騒ぎした後に虚しさが襲ってきたりという経験はありませんか?

どうやら、感情も出し尽くすと別のものが感じられるようになるようです。

エンプティ・チェア イメージ

ゲシュタルト療法の代表的な技法=エンプティ・チェア

エンプティ・チェアには様々なアプローチはありますが、

感じている気持ちを出し尽くすのに効果的です。

 

エンプティ・チェア(空の椅子)には、

自分の気になる相手や、葛藤していれば自分自身などが座っているとして、対話をして貰います。

カウンセラーがサポートしながら、話しを進めていくと不思議なこと(無意識が意識になるなど)がよく起こります。

 

文章にすると疑わしく思われそうなのですが、これは1度体験して損は無いかと思います。

私も体験したことがありますが、自分の中に厳しい自分がいることに気付いて、そのルーツは母だったことに気付きました。

 

このエンプティ・チェアは、あれこれ文章で説明するよりも受けた方が分かりやすいので、

ご興味のある方は、ぜひお問い合せ下さい。

ゲシュタルト療法はあなたの助けになる

~~最後に~~

もっと上手に説明をしたかったのですが、少しは興味を持っていただけましたでしょうか?

もし、今あなたが「こうするしかない、こうあるべきだ」という気持ちや思考でいっぱいならば、

きっとこの心理療法はあなたの助けになると思います。

関連記事一覧

PAGE TOP
LINE@友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。