カウンセリングってなに!?

気付いた瞬間

本記事の趣旨

おかげさまで、新規の相談者の方からもたくさんのご相談を頂いており、とても嬉しく感じております。

そこで、相談者の方からの質問で最も多かった

「カウンセリングとは何なのか」

について、私なりの考えをお伝えできればなと思います。(カウンセラーによって考え方は違うのでご了承ください)

カウンセリング=全力で相談者の声(気持ち)を聴くこと

カウンセリング=全力で相談者の声(気持ち)を聴くこと

「私のことなんて誰にも分らない」

「相談しても無駄」

「なるべく平和に過ごすために我慢しよう」

このような考えから人は、自分の気持ちを押し殺してしまいます。

押し殺した気持ちは、自分の体内に留まりストレスになるでしょう。

そのようにして押し込められてしまった自分の気持ちや考えを聴くことがカウンセリングで行うことです。

悩みが浅い段階では、自分の気持ちに気付いているので、吐き出す相手さえいれば、すぐに前向きになれるでしょう。

ただ、悩みが深い場合や、強いショックを受けた時には話が違います。

防衛反応として、なかったことにしてしまったり、自分の都合のいいように解釈してしまったりと無意識になることもしばしばあります。

カウンセリングでは、そうした心の奥底の声にも耳を傾けて丁寧に聴いていきます。

聴くことの効果

本当の答えは自分自身の中にある

この記事を読んでいる方の中にも、話を聴いてもらって何か効果はあるの?と思う方もいるでしょう。

順序だてて説明していきましょう。

人が変われるときは、①「本当の自分に気付いたとき」や②「自分自身で納得した時」です。

①の例えとしては、「ダイエットをするする」と思っていながらも中々行動に移せない人が、

ある日風呂場で自分の身体を見たときに、「これは、ヤバイ・・・」と気づいたら、おそらく行動に移せるでしょう。

②の例えとしては、何かスポーツなどでコツを教えてもらった時に、

「あっ、こういうことか!!」と納得できれば、きっとその教わったことを守ると思います。

つまり、自分の気持ちを押し殺している人は、本当の自分にまだ気づいていないのです。

気持ちを吐き出して、聴いてもらうことで、

「あっ、私はこんなことを感じていたのか!!」と、本当の自分に気付くことが出来るでしょう。

本当の答えは自分自身の中にある

聴くことの効果

きっと、悩みや問題を一発で解決するミラクルな方法は存在しないと思います。

あれこれ解決策を提示したとしても、

先ほど説明した納得感の得られる答えは返ってこないと思います。

イメージしやすい例えとしては、服装選びの相談などです。

「AとBどっちが似合うと思う?」など一見簡単そうな問であっても、実は正解は無限にあります。

答えはAかBかだけではないのです。

AもBもかわいいよねと共感して欲しい、どっちも捨てがたいから一緒に迷ってほしい、こういうことも正解になり得ます。

そう、お気づきの通り、質問者の中に求めている答えがあるのです。

カウンセリングでは、表面的な問題だけではなく、その心の奥底にあるものが何か一緒に考えたり、気付いて頂けるようお手伝いするのです。

カウンセリングの対象者

カウンセリングの対象者

最後にカウンセリングの対象者にも触れようと思います。

先に、カウンセリングがあまり向かない人から述べると、

・会話が成立しない人(重度の精神疾患をお持ちの方、言語が違う方)

・自分の内をさらす気持ちがない方や、カウンセラーの話を聴きたくない方

・今の現状に満足している方

細かく分ければ、もっとたくさんあろうかと思いますが、これらの方は不向きかと思います。

2つ目のカウンセラーの話を聴きたくない方に関しては、相性の問題もあるので、いい方に巡り合えると出来ると思います。

カウンセリングができる方は、うえの3つに当てはまらない方です。

病気の有無や問題の大小は、全く関係ありません。

何も言えずに我慢している方や、話せる相手がいない方などは向いているかもしれません。

かなり、ボリューミーな記事になってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?

これだけ一生懸命に綴っているのも、

私自身が、我慢し続けた結果、うつ病になってしまった過去があるからです。

同じような経験をする人が1人でも減らすことが私の人生の目標です。

今苦しんでいる方も、何か不安に感じていることがある方も、

ぜひ一度カウンセリングを体験してみることを強くお勧めします!!

お問い合わせ/予約はこちら

関連記事一覧

  1. 心理療法紹介 ~交流分析~
  2. 落ち込んでいる男性のイラスト
  3. 心理療法紹介 ~フォーカシング編~
  4. 数独
  5. アロマメニュー1ページ目
  6. カウンセリング 受ける目安
PAGE TOP
LINE@友だち追加