恋愛依存について

恋愛

ここ最近、立て続けに恋愛にまつわる相談を受けることが増えましたので、今回は恋愛依存についてお話しします。

アルコール・タバコ・薬・浪費など依存の克服は簡単なものではなく、人に対する依存もまた同じです。

そこには理屈では説明できないものがあるからです。

分かっているけど止められない

依存症に陥っていない人からすると、

「そんな最低な人捨てちゃいなよ!」

「あんたのためにならないから別れなよ!」

などと言いたくなるかもしれませんが、そんなこと本人も十分承知しています。

頭では分かっていながらも、心のどこかで、

「一人になるのは不安だし怖い」

「好きだから、これくらいは我慢しなければならない」

「自分にも悪いところがあるし、これを逃したら次は無いんだ」

などといった思考や感情が自分を苦しめていきます。

不安だから不安。苦しいから苦しい。

そこに確実な原因はいりませんし、そのような人たちの気持ちを僕は否定できません。

だって、感じてしまうことや考えてしまうことを「止めなさい」と言ったところで止まるはずないですもの。

困っていることには違いはない

フェンス

そうは言うものの、依存と認識しているならば、困っていることには違いはありません。

パートナーから不当な要求や理不尽な関り、もしくはDVやモラハラを受けながらも相手に依存してしまう。

 

人間誰しも、良い面もあれば悪い面もあります。

全てを一括りにして考えず、されて嫌なことは嫌なこと、良かったことは良かったこととして、分けてみてはどうでしょうか?

きっと冷静になれれば、「嫌なこと>良い事」という状態に気付けると思います。

 

結婚や恋愛は2人が幸せになるためにするものです。

2人を幸せにする唯一の方法はお互いを尊重しあった会話からしか生まれません。

あなたのパートナーはあなたの話をしっかりと受け止めてくれる存在でしょうか?

人生は自分のために生きればよい

人生は自分のために生きる

よく「家族のために働きます」とか「家族のために家事をします」と耳にすることがありますが、

何となく僕はそれが腑に落ちない部分があります。

なんかこれらの言葉って自分を犠牲(我慢)にしているように聞こえませんか?

 

「家族の中にはあなたも入っているんですよ~!」と言いたくなります。

 

幸せな家庭を築きたいならば、まずは自分自身が幸せになれないと達成困難ですよね。

だったら、ある程度自分勝手に楽しく生きて、それをある程度認めてくれる人を探した方が効率が良さそうです。

 

大丈夫!!!

 

幸せに自分らしく生きている人はそれだけで魅力的な人になれるので勝手に人が寄ってくると思いますよ!?

あなたは1人ではない

たくさんの金魚

この記事を読んでくださっているだけで、すでに僕とは繋がりがあります。

あなたの周りを見渡せば、必ず身近に誰かしら人がいるはずです。

不安な気持ち、悩みごとなど決して1人で抱えないで下さい。

少なくとも私は一生懸命にあなたの話を聴こうとしますので・・・

 

今回の記事が皆様のプラスになれば幸いですが、依存はそんなに簡単なものだと思っていません。

あなたの大事に思う「好き」な気持ちが、正しい人へ正しく伝わるように一緒に考えさせて頂けると嬉しいです。

お問い合わせ/予約はこちら

関連記事一覧

  1. 男女間の恋愛をスムーズにするコツ
  2. 復縁 ケンカ 仲直りの仕方
  3. 馬術
  4. ケンカしている男女
PAGE TOP
LINE@友だち追加