心理療法紹介 ~精神分析編~

寝ている子ども

精神分析とは

「無意識」にフォーカスを当てたこの理論は、科学的な根拠が乏しいです(フロイトが提唱した時代のもの)。

しかし、全てが現代でも通用するとは言えませんが、何かしらの「気付き」を得るには十分に面白い理論です。

現代の医学で主流の薬物療法や認知行動療法とは方向性が大きく異なるので、病院での臨床場面で触れる機会は少ないでしょう。

夢分析とは

夢は基本的にコントロールの出来ないものなので、抑圧された感情が夢として表れたり、潜在的な欲求が夢として現れます。

これを起きている時に分析することで、自身の無意識にあったものを意識化でき、現在抱えている問題を客観的に観察します。

・何となく上手くいかない

・何故か自分の中でストッパーを設けてしまう

・自分が今何したいのかが分からない

このような方は、夢にもしかしたら解決の糸口があるかもしれません。

自由連想法

大地に浮かぶ雲

これは、リラックスした状態で、何気なく心に思い浮かんだことを言語化することで、無意識から意識することを図ります。

何のアニメか失念してしまいましたが、ある物語で重要な登場人物を懐古するシーンから現代のシーンに戻った時にふと空を見つめるとその登場人物の顔や関連のある物が雲の形として登場するシーンがありました。(伝わりにくくてすみません。)

おそらく、懐古しなければ雲は何の変哲も無い雲として捉えられていたのでしょうが、少し昔を思い出すことで、雲の形が意味を持つように見えてきたのでしょう。

心に浮かんだことが適当なことであったとしても、それを引っ張ってきたのはあなた自身なので無意味ということはありません。

かなり抽象度の高い技法にはなりますが、現代の心理検査でもロールシャッハ検査やバウム検査など、

無意識の中にあるものを表出させようとするものもあり、無意識を意識化することは、大きな意味を持つのでしょう。

ワークスルー

不満顔の女性

カウンセリングや人からアドバイスをもらった時に、無意識にそれを拒絶したり、何故か不快に思って避けたくなることがあります。

アドバイスされたように上手くいかないんだよな~

⇒でも騙されたと思ってやってみようかな~

⇒やっぱりうまくいかないな

このような作業を繰り返すことをワークスルーと言います。

抱えた問題を完全に自己を洞察するように出来れば、おそらく問題解決への道筋が開けてくると思います。

悩みが深刻な人や、トラウマを抱えている人、人間関係で上手くいかない人などは、

自分の負い目や弱点などを真正面から捉えられていない部分があろうかと思います。(自分を守るためにそうせざるを得なかったと思います)

ありのままの自分を受け止めることは、今の自分の立ち位置を把握することなので、

そうすることで次の1歩が初めて踏み出せるようになるかと思います。

あなたの無意識を意識化してみませんか?

今回ご紹介した内容は精神分析のほんの1部だけですが、個人的にはなかなか面白いものだと思っています。

あなたの「無意識」がもし気になりましたら、ぜひご連絡下さい。

(*ちなみに、当方で扱うものの9割は科学的に根拠のあるものなので、ご安心ください。)

お問い合わせ/予約はこちら

関連記事一覧

  1. 親子の猿
  2. 山道を歩く男性
  3. 落ち込んでいる男性のイラスト
  4. 来談者中心療法
  5. カウンセリングのイメージ
  6. 気付いた瞬間
PAGE TOP
LINE@友だち追加