入浴のすすめ 手軽に出来るストレスマネジメント

赤ちゃんがお風呂に入っている写真

みなさんはお風呂に入っていますか?

「飲み会の後は面倒だし明日でいっか」

「子どもの寝かしつけで一緒に寝てしまった・・・」

「残業で今日は遅いし、入ってないけど寝ちゃお・・・」

分かります、よーく分かります、その気持ち。

しかし、心がしんどいと思った時には湯船に浸かるようにしましょう。

ボーっと出来る時間の確保

水を浴びている女性

シャワーよりもお風呂がおすすめです。

シャワーでは、多くの場合、髪を洗って・身体を洗って・ムダ毛を処理して・・・

などなど基本的に動いていることが多いですよね?

 

湯船に浸かれば、何もせずにボーっとすることが出来ます。

このぼーっとする時間は意外と大事なので、スマホなどを持ち込むのもNGです。

 

日々、人との関りはありますので、気疲れはあると思います。

意識していなくても、空気を読んだりするのは自然と行ってしまうものです。

 

頭を空っぽにして、普段フル稼働している脳を休める意味でも、お風呂の時間大事にしてください。

(ちなみに睡眠中(特に浅い眠りの時)も脳は働くので、疲れが取れないことがあります)

今の自分に合わせた入浴の仕方を

素敵なお風呂

・とにかくリラックスしたい

こんな時は、設定温度を低めにしましょう。

そして、何も考えずにボーっとします。

お風呂は誰にも見られません。

あなたのありのままの素の表情でいていいです。

口を開けて、「アホ」みないな顔していてもOKです!

日中、人目を気にして出来ないことを思う存分、お風呂で出してしまいましょう。

・寝つきをよくしたい

寝つきを良くするには高めの温度がいいです。

高めの温度での入浴は身体が適度に疲れます。

デスクワークが多い方で、運動不足の方は、手軽に汗をかく良い手段になると思います。

眠気は、身体が冷めていく過程で感じます。

その期を逃さずに、布団に入れば安眠できるかもしれませんよ?

また、睡眠についてお困りの方は、下記ページも合わせて読んでみてください。


最後に~

空に手を広げる女性

今回は入浴について書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。

お子さんをお持ちで、1人でなかなか入れない人も多いかもしれません。

面倒かもしれませんが、子どもを寝かしつけてから、1人で入ることも出来ます。

それくらいしてでも、入浴は大事なことなので、手軽に出来るストレスマネジメントの1つとして、あなたの入浴を見直してはいかがでしょうか?

関連記事一覧

  1. ストレスを内にため込む人は気を遣いすぎ
  2. 無気力な人形
  3. ハグしている女の子
  4. テトリス
PAGE TOP
LINE@友だち追加