今を変えたい全ての人へ ~スモールステップの考え方~

階段

はじめに~

久しぶりのブログ投稿になってしまいすみません!

今回は、意外と皆さんの盲点になっているであろう考え方をご紹介します。

自分の考え方を変えたい

出来ないことを出来るようにしたい

新しい事に取り組みたい

このようなことを考えている人にはお勧めの記事になっていると思います。

1.「今」出来ないことは出来るようにならない

鉄棒で遊ぶ猿

決して悲観的に捉えないで下さいね。

「今」出来ないことは、「今すぐ」出来るようにはならないということです。

よく相談者から、「早くどうにかして欲しい」と言われることがあります。

もちろんそう考えるに至るまでにたくさん苦しい思いをしてきたからそう感じるとは思いますが、残念ながらその願いは叶えられないことがほとんどです。

 

逆上がりで考えてみましょうか。

逆上がりの出来ない人に対して、「今すぐ逆上がり出来るようになりなさい」なんて無茶なこと言えませんよね?

出来ることとしては、出来ないなりにも逆上がりの練習をすることくらいではないでしょうか?

出来ないことを0点として、出来たことを100点とすると、0から100をいきなり目指せというようなものです。

 

出来るまでの道のりは容易なものではありません。

何故なら、100点になるまでは出来たと言えないからです。

 

周りの人が100点(出来ている)中で、自分だけ出来ないと感じると焦りが出てきます。

ただ、世の中の多くのことは自分なりに腐らず努力をし続ければ達成できることが多いと思います。

周りと比べて卑下するのではなく、周りを参考に自分の目標達成のためにチャレンジしていきましょう。

2.己を知る=スタートラインに立つ

道路に描かれた2本の線

これも非常に大事なことです。

出来ない自分を見る、今の自分を見つめるというのは、苦しいことかもしれません。

ただ、自分の今の状態を知らなければ、今の頑張りが的外れになることもあるかもしれません。

 

自分自身をよく知り、「今」の自分には何が足りないのか冷静に見つめてあげましょう。

その上で、ここだと思った方に力を入れれば、良いスタートダッシュが決められるでしょう。

3.人を利用する

夕日を見つめる男女

よく啓発本に書いてある「自分を客観的に見ましょう」というのは、はっきり言うと難しい事だと思います。

自分自身が自分を冷静に客観的に分析しようとしても、どうしても主観は入ってしまいます。

そんな時は、人に相談して利用して、頼ればいいのです。

1.2で書いてあることも自力で行うのが難しければ身近な人やカウンセリングを利用してみてはいかがでしょうか?

 

相手からのフィードバックは時として、自分が傷付くこともあります。

ただ、他の人にはそのように見えているというのもまた事実になるので、闇雲に拒否せずに少しだけ受け入れてみてもいいのでないかと思います。

 

もちろん当カウンセリングルームは、出来ないことをやれなんて無茶なことは言いません。

今がしんどいなら急かさずにじっと待っています。

少し、ほんの少し頑張ろうと思えた時に、その頑張りが無駄にならないよう、そして自分に負荷がかかりすぎないように細心の注意を払って、一緒に今を変えるお手伝いをさせて頂きます。

文章を書く前は最高傑作が出来るかも?なんて期待していましたが、抽象的で分かりづらかったですよね(笑)

乱暴なまとめになりますが、今を懸命に頑張っている人が1人でも報われるようになるよう相談にはこちらも懸命になりますので、ご興味のある方は遠慮なくお問い合わせくださいね。

お問い合わせ/予約はこちら

関連記事一覧

  1. フードプロセッサー
  2. 安心して寝ている動物
  3. ラジオ
  4. 子どもの拍手
PAGE TOP
LINE@友だち追加